名古屋で葬儀を行うお寺をお探しなら【信正寺】(費用のご相談にも対応)~仏教と花の関係~

名古屋で葬儀を行うお寺をお探しなら

名古屋で葬儀を行うお寺をお探しなら

名古屋葬儀を行うおをお探しでしたら、【信正寺】をご利用ください。

1655年、現在は名古屋市昭和区にある養林寺第六世、専譽上人によって建立された由緒あるお寺です。名古屋の近郊であれば、斎場やホール、ご自宅でのご葬儀や法事への出向も可能です。

お忙しくて時間の取れない方、遠出がしにくい方でも安心してご利用いただけます。名古屋でご葬儀を執り行いたいとお考えの方は、【信正寺】にお申し込みください。

葬儀は名古屋にある【信正寺】へ~費用に関するご相談も承ります~

葬儀は名古屋にある【信正寺】にご依頼ください。【信正寺】は日本の仏教宗旨の一つで法然上人が宗祖である浄土宗の作法に則って、ご葬儀や法事をしめやかに執り行っております。

「浄土宗の葬儀を行いたい」「名古屋市内の斎場で葬儀したい」など、このようなご要望がある方は【信正寺】が解決させていただきます。費用についてのご相談もお気軽にお問い合わせください。

仏教と花の意外な関係

仏教と花の意外な関係

仏教と花には様々な深い関わりがあります。例えばお墓に飾られるシキミには「故人(死者)を悪霊から守る」と意味があります。寒い冬の間も緑を保つ強い生命力は悪いものから故人を守ってくれる力の象徴と考えられました。

また、シキミはアニサチンという毒を持っています。この毒によってお墓やご遺骨が荒らされるのを防ぐ植物として重宝されたと言われています。その他には椿もお寺やお墓でよく見られます。椿はシキミと同様神聖な花とされ、散る際に花がぽとりと落ちるところから武士が理想とする潔い生き方に通じる花として好まれていました。また、仏教と花のつながりで有名なのが4月8日の花まつりです。

お釈迦様が誕生した灌仏会には、紫陽花の仲間であるアマチャから作られた甘茶を仏像にかけるお祝いの習わしがあります。「その甘茶を飲むと一年病気をしない」「目につけると目が良くなる」として尊ばれている花です。

お役立ちコラム

名古屋で葬儀に関するご相談なら【信正寺】

寺院名 林栖山(りんせいざん) 信正寺(しんしょうじ)
住所 〒467-0803 愛知県 名古屋市瑞穂区中山町2-27-2
電話番号 050-3752-6036
URL http://shinshouji.com