名古屋で葬儀のことなら出張も可能な【信正寺】に相場や金額のご相談を~法事と法要って違いがあるの?~

名古屋で葬儀・法事を執り行いたいとお考えの方は出張も可能な【信正寺】へ

名古屋で葬儀・法事を執り行いたいとお考えの方は出張も可能な【信正寺】へ

名古屋葬儀や法事を執り行いたいとお考えの方は、出張も可能な【信正寺】にご依頼ください。「忙しくて出向く時間が取れない」「車やお寺に行く手段がなくて遠出がしにくい」などお困りではありませんか。

【信正寺】では名古屋の近郊エリアであれば、斎場やホール、ご自宅でのご葬儀や法事への出張も可能です。また、お通夜や初七日の法要も出張で行っております。詳細をお聞きしたい方はお気軽にお問い合わせください。

法事と法要の違いについて

法事と法要は似ているように思われがちですが、それぞれには違いがあります。法要とは一般的にご葬儀や告別式の後、ご遺族が故人を偲んでご冥福の祈りを捧げる供養や回向(えこう)のことを言い、追善供養とも呼ばれています。

追善供養は故人があの世で良い報いを受けられるように供養を行うことです。ただし、浄土宗では念仏によってご臨終と同時に極楽浄土に往生できるという教えなので、中陰の法要の意味は故人を偲び、仏教に接するためのものとして考えます。一方、法事とは一般的に住職がお経をあげる追善供養の後、会食まで含めた行事のことです。

法事や法要を行う時期は宗教や地域によって異なりますが、日本の仏教では四十九日までは七日ごとに忌日が設けられています。命日の100日後に営む百か日、一周忌、三回忌、七回忌と三十三回忌まで法要や法事が営まれます。

名古屋で葬儀に関する金額や相場のご質問は【信正寺】に相談しよう

名古屋で葬儀に関する金額や相場のご質問は【信正寺】に相談しよう

名古屋で葬儀に関する金額相場のご質問は【信正寺】にご相談ください。

1655年に創建された浄土宗の名刹が心を込めて故人をお送りいたします。名古屋の閑静な住宅街の中にあり、桜通線「桜山」駅から徒歩7分のアクセス便利な場所です。

ご葬儀や法事はもちろん、ご遺族に代わり、故人のご遺骨を供養・管理を行う永代供養も承っております。仏事に関することならどんなことでもまずはご連絡ください。

お役立ちコラム

名古屋で葬儀に関するご相談なら【信正寺】

寺院名 林栖山(りんせいざん) 信正寺(しんしょうじ)
住所 〒467-0803 愛知県 名古屋市瑞穂区中山町2-27-2
電話番号 050-3752-6036
URL http://shinshouji.com