名古屋で永代供養やお墓に関する費用や相場のご相談は【信正寺】へ~法然上人について~

名古屋で永代供養・お墓に関する費用や相場のご相談は【信正寺】

名古屋で永代供養・お墓に関する費用や相場のご相談は【信正寺】

名古屋永代供養・おに関する費用相場のご相談は【信正寺】にお問い合わせください。【信正寺】は1655年に創建された由緒ある名刹で、名古屋の閑静な住宅街の中心にあります。

浄土宗の作法に則ってご葬儀・法事・永代供養を執り行っております。浄土宗の宗祖法然上人の教えは、「南無阿弥陀仏」という念仏を唱えれば、誰でも臨終と同時に極楽浄土に往生できるという教えです。

ありがたい教えに沿った考えのもとで供養させていただきますので、名古屋で永代供養やお墓についてご相談のある方は、お気軽に【信正寺】までご連絡ください。

法然上人とはどのようなお方なのか?

法然上人は長承2年(1133年)4月7日、現在の岡山県久米郡久米南町でお生まれになり、幼名を“勢至丸“と名づけられました。父親である漆間時国は、その土地の豪族で押領使(警備司令官)を努めていましたが、保延7年(1141年)に敵である源内武者明石定明の夜襲にあって非業の死を遂げました。

その死に際に、まだ少年である息子の法然上人を呼び寄せ、「決して仇を討ってはいけない。仇はさらに仇を生み、憎しみは絶えることがなくなってしまう。早くそんな世俗の世界を捨てて出家し、尊い悟りを求めなさい」と遺言を残して息を引き取ったと言われています。

つまり、父時国は幼い息子に復讐をしないよう諭したのです。その後、法然上人は仏教の教理や作法を学びながら43歳の時に、中国の善導大師の「観経の疏」とう書物に出会います。

その書物に書かれていた文を要約すると「念ずることは称えることと一致する」。阿弥陀仏の名を称えていれば、必ず誰もが極楽浄土に救われると言う意味の文だったのです。その念仏の思想に確信を持った法然上人は、人々に念仏の信仰をすすめ、すべての人間に対して平等に救いの手を差し伸べられる教えを説いたのです。

名古屋で永代供養を承る【信正寺】はご葬儀・法事への出向も可能

名古屋で永代供養を承る【信正寺】はご葬儀・法事への出向も可能

名古屋で永代供養を承る【信正寺】では、お近く(名古屋市内)の斎場やホールでのご葬儀・法事へ出向を行っております。

また、ご自宅でのご葬儀・法事への出向も可能ですので、足が不自由で遠出が難しい方、忙しい方も安心してご利用いただけます。

名古屋でご葬儀・法事、永代供養をお考えの際は、お気軽にご相談ください。お問い合わせは、お電話またはメールから承っております。

お役立ちコラム

名古屋で永代供養をお考えなら【信正寺】

寺院名 林栖山(りんせいざん) 信正寺(しんしょうじ)
住所 〒467-0803 愛知県 名古屋市瑞穂区中山町2-27-2
電話番号 050-3752-6036
URL http://shinshouji.com