愛知で永代供養(お墓を持たず納骨)をお考えならおすすめのプランを豊富にご用意している【信正寺】~南無阿弥陀仏の意味~

愛知で永代供養(お墓を持たず納骨)をお考えなら

愛知で永代供養(お墓を持たず納骨)をお考えなら

愛知永代供養をお考えでしたら【信正寺】にご相談ください。【信正寺】は1655年に建てられた由緒ある名刹です。

ご葬儀や法事をはじめ、永代供養を浄土宗の作法に沿って執り行います。愛知の閑静な住宅街の中に位置していて、桜通線桜山駅から徒歩7分のアクセス便利な場所にあり、駐車場も完備しているため大変お参りしやすいお寺です。

「浄土宗の葬儀を執り行いたい」「愛知の斎場で法事をしたい」「おを持たず永代供養で納骨したい」などお考えの方は、お気軽に【信正寺】までお問い合わせください。

愛知で永代供養を承る【信正寺】がおすすめする豊富なプラン

愛知で永代供養を承る【信正寺】は、永代供養に関するプランを豊富にご用意しています。

納骨を既にされている方におすすめなのが永代供養のみのプランです。また、納骨と永代供養どちらも執り行いたい方のプランもございます。その中には戒名や納骨式、納骨棚での一時預かりなどお客様のご要望に合ったプランをお選びいただくことができます。

永代供養に関するご不明点やご相談がございましたら、お電話かもしくはメールでご連絡ください。

念仏って何?~南無阿弥陀仏の意味~

愛知で永代供養を承る【信正寺】がおすすめする豊富なプラン

念仏とは一般的に阿弥陀仏の名前を口に出して唱えること(称名念仏)を言います。浄土宗の宗祖法然上人の教えは、「南無阿弥陀仏」という念仏を唱えさえすれば、どんな善人、悪人でも臨終と同時に極楽浄土へ導かれ往生できるというものです。

では、「南無阿弥陀仏」とはどういう意味なのでしょうか。「南無阿弥陀仏」の南無とは、インドのサンスクリット語で“お助けください”“帰依します”の意味が込められた言葉です。阿弥陀仏は、私たちを救うために仏となってくださった阿弥陀様という意味となります。

つまり、阿弥陀様という仏に帰依してすべてをお任せしますという誓いの言葉なのです。楽しい時も悲しい時も、善いことした時も罪を犯してしまった時も、唱えた念仏の一声を阿弥陀様は常に聞いてくださっています。

お役立ちコラム

愛知で永代供養をお考えなら【信正寺】

寺院名 林栖山(りんせいざん) 信正寺(しんしょうじ)
住所 〒467-0803 愛知県 名古屋市瑞穂区中山町2-27-2
電話番号 050-3752-6036
URL http://shinshouji.com